誰でもできる朝の無気力を改善する習慣を身に着ける方法

朝起きたら無気力でなかなか起きれず、その後もやる気が起きないまま過ごすことってありますよね。

この記事では朝やる気が起きない人のための、無気力を脱出する習慣をご紹介します。

結論から言うと、日々の習慣を変えることで朝の気だるさを改善することができます。

具体的な良い習慣をご紹介した後に、習慣化するためのコツもご紹介しますので、ぜひ実践して朝の無気力から脱出しましょう!!

 

疲労回復をして無気力解消!

朝の気だるさの原因には様々なものがありますが、その中でも疲労が大きな要因でもあります。

疲労を回復させることで気だるさを改善することができます。

疲労を回復する方法として、ここでは2つご紹介します。

疲労回復に効く食べ物

一つ目はクエン酸とビタミンB群を習慣的に摂取するということです。

クエン酸は、疲労回復効果が期待できるのですが、時間によって体外に排出されてしまうものなので、定期的に食べ物から摂取する食習慣を身に着けることが重要です。

ビタミンB群はビタミンB1、B2、B6などのことで、主要なエネルギーの炭水化物を分解してエネルギーに変えるために必要となる栄養素です。

ビタミンB群を摂取することで、栄養素を効率よくエネルギーに変えることで気だるさを感じにくくなりますし、肌の健康状態にも効果を期待できるので、習慣的にビタミンB群を摂取するように意識すると良いでしょう。

クエン酸やビタミンB群を習慣的に摂るための食べ物

クエン酸が豊富に含まれているおススメの食べ物:梅干し、みかん、レモン、グレープフルーツなどの柑橘類。

ビタミンB群が豊富に含まれているおススメの食べ物:牛乳、豚肉、レバー類、バナナ、枝豆・ほうれん草。

純分な睡眠をとって疲労を回復

二つ目は十分な睡眠を取るということです。

具体的には7時間半の睡眠を取るというのが最も良いと言われています。

睡眠時間が少なくなればなるほど蓄積した疲労というのはなかなか取れず、さらに睡眠時間が6時間未満だと健康に支障が出てくる可能性が高くなります。

しかし、夜になかなか十分な睡眠時間を確保することができない方もいるかと思います。

そのような方は食後に昼寝を15分ほどするようにしましょう。

昼の15分の睡眠は夜の睡眠の3時間にも匹敵するという考えもあるので、どうしても夜に睡眠時間を確保できない方は、昼寝をする習慣をつけることで疲労を軽減することができるかもしれません。

運動をすることで無気力から活発な体になろう!

日頃から運動を習慣化すると様々なメリットがありますが、特に無気力症状にも効果があります。

運動と聞くと激しいランニングなどを想像する方もいるかもしれませんが、実際はそんなに頑張らなくてもよく、10分から20分の散歩程度で効果を実感できます。

特にゆっくりと景色を見ながら散歩をすることでストレスの改善にも効果がありますので、気分が上がらない時にはゆっくり散歩をすることをおススメします。

習慣付けの方法

ここまでで無気力を改善するための食べ物や運動、睡眠についてご紹介しましたが、実際それを習慣化するというのは難しく感じる人もいるかもしれません。

ですが習慣を身に着ける方法として、実践していけば無理なく毎日続けることができるようになるコツがありますのでご紹介します。

・すでに習慣化している作業に新しい作業をくっ付けて、セットとして取り組む。

→例えば散歩を習慣化させたいのならば、昼食後の歯磨きの後に歩くことを決めておく。

・ハードルを下げて取り組む。

→最初から毎日牛乳を500ml飲むとは決めずに、最初は一口だけとかから始めてみる。

・予備日を設ける。

→一度できない日があると、やる気がなくなってしまうこともあるので、できなかった日のために予備日を事前に作っておく。

まとめ

・朝の無気力を改善するためには良い習慣をつけることが重要。

・クエン酸やビタミンB類の食べ物や睡眠をしっかりととることで疲労回復ができる体作りをする。

・散歩程度の運動をすることで、ストレスが減り気持ちを向上されることができる。

・習慣をつけるためにはコツがいるので、それらを利用する。

コメント

タイトルとURLをコピーしました