転スラのディアブロまとめ。強さや能力、配下などネタバレありで徹底解説

転スラ(転生したらスライムだった件)に登場するディアブロについて、強さや能力、配下などの関係者についても解説をしていきます。

転スラに登場するディアブロとは

原初の悪魔と呼ばれる7体しかいない最強の悪魔の一体で、リムルがファルムス王国軍との戦争の際に配下のグレーターデーモン2体とともに呼び出しました。

悪魔としての残忍な性格をしており、圧倒的な実力があるにもかかわらず、智謀策謀で相手を貶める戦い方を好み、敵からは脅威として、味方からはその強さから絶大な信頼を得ていき、その強さはリムルの部下の中でトップ3に入るほどです。

リムルの圧倒的な強さへの心酔から忠誠心は異常なほど高く、リムルの配下に加えられた後には、リムルから離れたくないため雑務を自分の配下に押し付けたり、リムルの信頼を得るために作戦を立案するなどしてリムルの評価を上げています。

あと「クフフフフ」って笑い方をします。

 

h2ディアブロの能力と強さ

ディアブロには様々な能力がありますが、その中でも特に強力なのが、アルティメットスキル【誘惑之王(アザゼル)】でしょう。

アザゼルは思考加速・時空間操・多次元結界・森羅万象・懲罰支配・誘惑世界などの複合スキルで、誘惑者(オトスモノ)大賢人(モトムモノ)というスキルを内包しています。

基本的にアルティメットスキルを持っている者はアルティメットスキルを持っている者でないと相手にできません。

誘惑者(オトスモノ)はディアブロに屈服した相手を恐怖によって支配する能力で、ディアブロに敗北すると恐怖からディアブロに逆らうことができなくなります。

大賢人(モトムモノ)はリムルの大賢者のようなスキルで、わからないことを解析してくれグーグル先生のようなスキルです。

あと瞬間移動ができるので攻撃を避けながら相手の後ろに回り込むドラゴンボールみたいなことができます。

 

ディアブロの技

誘惑の時間(パラダイスタイム):周囲の時間を停止し、一度見ただけで相手が使う能力や技を解析して理解することができます。相手の技を理解することで、相手の攻撃とは真逆の属性の攻撃を放ち無効化させることもできます。

虚実変転:幻覚世界と現実世界を入れ替える能力で、ディアブロが作った幻覚世界で相手に与えた精神的な攻撃が、現実世界での攻撃に書き換わるというもの。幻覚世界でのディアブロは無敵に近いので、幻覚世界で相手を倒せばそのまま現実世界でも倒したことになります

 

ディアブロの正体

世界に七体しかいない原初の悪魔の一体で、原初の黒(ノワール)と呼ばれたデーモンの頂点の一人です。

その実力は同じ原初の悪魔の中でもずば抜けており、冥界にいたころに原初の赤だった魔王ギィ・クリムゾンと戦い引き分けたほどの実力を持っています。

基本的に力を持った悪魔は自分勝手な性格な者が多いですが、ディアブロはリムルに心酔しているので、自分が楽しむことよりもリムルの役に立つことを考え、リムルに自分を必要としてもらえることに喜びを感じるなど、他の悪魔とは変わった性格をしています。

 

配下のデーモン

他の原初の悪魔たちとは違い、眷属をあまり増やしたがらないが、帝国侵略の際には冥界で仲間の勧誘を行い、10体の悪魔を無理やり引き連れて配下にしています。

その後、リムルから功績を認められてテンペストの幹部として黒色軍団(ブラックナンバーズ)悪魔たち700体を配下に持っています。

上位魔将(アークデーモン):三体とも女性型で自分勝手な性格
テスタロッサ、ウルティマ、カレラ

上位悪魔(グレーターデーモン):強力な力を持った悪魔達だが、主な仕事はディアブロの雑務
ヴェノム、ヴェイロン、モス、シエン、ゾンダ、アゲーラ、エスプリ
※ちなみにヴェノムは元人間の転生者。

黒色軍団(ブラックナンバーズ)
700体の配下たちで、主にディアブロの他にテスタロッサ、ウルティマ、カレラの部下として動く。テンペスト内でも大きな戦力の一つとなっている。

 

ディアブロのアニメでの出番、声優情報

2021年の1月から転スラの2期が始まりますが、ディアブロは登場します。

転スラ2期は分割2クールでの放送になるので、1月から3月と7月から9月の放送になります。

転スラの1期は原作小説で4巻までなので、2期は5巻から8巻まで放送されることが想定されます。

ディアブロの活躍は原作5巻からなので、アニメでも活躍を見せてくれるでしょう。

アニメの声優さんは櫻井孝宏さんです。

他に演じているキャラは、鬼滅の刃の冨岡義勇やコードギアス 反逆のルルーシュの枢木スザクなどのかっこいいキャラを演じていますね。

ディアブロもかっこいい演技に期待ですね。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました